2020年7月26日日曜日

1/35 106mm 無反動自走砲 ファインモールド製 4

アバウトですが、終わりにします。
完成はしていない写真を何点か貼っておきます。

この後、完成度が高くなったものは気が抜いたら撮影しておきましょう。










2020年7月4日土曜日

フィットビット チャージ2 fitbit charge 2

スマートウォッチというよりも、アクティビティモニターです。

腕時計型のデバイスを1つ入れてみました。
従来使っていた、アンドロイドウエア(Wear OS)もありますが休止中。

こちらのデバイスは、ソフト的にもハード的にも性能は低いです。
なので、アプリの動作とか考えません。
特徴として、電池の持続時間が長いことがメリット。

防水になっているので、風呂でもそのまま行けます。壊れる可能性も否定はしませんが、、、。(案合、シームが抜けたりしそうな気もする)

ランニングとかしません。しかし、常時装着で活動量は測れます。
睡眠中もモニターできるし、触ってみたくなったのが率直なところです。


さて、購入後暫く使っております。

電池の持ちは良いですね。
確かに、1週間くらいは充電なしで使えそうな雰囲気です。

ベルトは大小の2本入っていました。
シリコンバンドなので見た目は良くないですけど、濡らしても安心。
夏場は特に、この手のバンドの方が好ましいです。

ベルトは普通のデザインに見えますが、長時間装着していると腕に腫れが出ました。
と言っても、有害物質とかではないです。
擦れていると、かゆくなったり腫れる感じですね。
外せばよいけど、それだと意味がないのです。仕方ないから、左右を入れ替えたりしてました。

スマートフォンに専用のアプリを入れて、BTで接続して使うのが基本です。
アプリ周りは、あまり出来が良くない感じ。
一応は使えていますが、ソフトウエア周りの技術力が不足しているのでしょう。
google が買収する流れなので、改善するのか消滅するのか、、、。

充電用に専用のアダプターが付いています。
USB で繋いで充電です。本体側は、クリップで挟み込んで固定する方式で、物理的な接点があるタイプです。無接点充電ではありません。

それから、ベルトは本体の根本から簡単に取り外し出来ました。
ワンプッシュで外れるから便利?
頻繁に交換したり、充電時に外すとかしませんけど、、、。


タイトル通り、購入したものは旧型です。
新型はgps 搭載など機能アップしたものが出ております。
お値段など考慮して、安い方にした次第。





2020年5月22日金曜日

1/35 106mm 無反動自走砲 ファインモールド製 2

ボチボチ進行します。



シャーシ側と上面をある程度組み立ててあります。
まだ下塗りのサフ状態のため、グレー一色の状態。





横倒しにしたところ。
脚周りや底面がよく見えます。車両関係にはありがちな、見えないけど重要な部分というアレです。





上部を外したところです。
車内は白塗りしてあります。左側が正面、右側は車両後方のエンジンルーム。